見えない裏側矯正(インコグニト)

『歯並びや噛み合わせが気になるけど、矯正の装置がみえてしまうのはイヤ!』

そう思われている方、決してあきらめないでください。
当院では、人に気づかれず見えない、歯の裏側に装置をつける矯正治療を行っています。
裏側矯正は「舌側(ぜっそく)矯正」「リンガル矯正」とも呼ばれている、矯正装置を歯の裏側につける、表からは見えない矯正治療の方法です。

当院では、歯科医療先進国であるドイツで開発された裏側矯正装置の「インコグニト(Incognito)」システムを導入しています。最先端のCAD/CAM技術を応用した、一人ひとりの患者様に合わせてつくるオーダーメイドの矯正装置を使って治療する、最新の裏側矯正法です。

本場ドイツでインコグニトの研修を行い、インコグニト認定医の資格を取得しました。

世界基準のドイツこだわりのオーダーメイド矯正

世界基準のドイツこだわりのオーダーメイド矯正

インコグニトは、現在世界の約60ヶ国で採用され、75,000人以上の方がすでに治療を受け、ヨーロッパで行われる舌側矯正のおよそ70%以上のシェアを誇る信頼性の高い矯正治療システムです。

本場ドイツでのインコグニトのシェアはもちろんNo.1で、ドイツをはじめ日本、世界で毎年さまざまな最新の研究報告が行われています。私の留学先であったドイツのデュッセルドルフ大学矯正歯科でも、インコグニトを日常の診療で使用しています。

インコグニト・システムの特徴

装置の違和感が少ない
インコグニト・システムの特徴<

歯の裏側は表側と比較して複雑な形をしているため、従来の歯の裏側につける装置は厚みがあったり、ごつごつしていて複雑な形になりがちでした。そのため装着時の違和感や舌の痛みが強く、治療中のご負担が多くありました。

インコグニトを使用した裏側矯正は、最終的な歯並びやかみ合わせに合わせて、一人ひとりの患者さまに最適な形の装置をひとつずつオーダーメイドで作製します。

最新のCAD/CAM技術をしてコンピュータ制御で作製されますので、高精度の矯正装置をつくることができます。また、従来の裏側装置に比べて極めて薄いため、装着時の違和感や舌の痛みが少なくなります。

むし歯のリスクが少ない

歯に接着する面積が従来の裏側装置に比べ広いため、矯正治療中のむし歯になるリスクが少なくなります。

金属アレルギーの防止

貴金属である金を多く含む金合金で作製されているため、金属アレルギーの防止ができます。

治療中に装置が外れにくい

従来の裏側矯正の装置に比べて、インコグニトの装置はそれぞれの歯にぴったりあうように精確につくられていて、かつ歯との接着面積が広くなっています。このため治療中に装置が外れたりするトラブルが少なくなります。

見えない裏側矯正について興味のある方は、是非ご相談ください。