ドクター紹介

院長 山口修二

ドイツ公認矯正歯科専門医・ドイツ歯科医師免許

経歴

1997年 福岡県立九州歯科大学卒業
日本歯科医師免許取得
2000年 東京医科歯科大学口腔病理学教室
2001年 ライオン歯科クリニック開業
一般歯科を中心に小児歯科、矯正歯科、審美歯科、 噛み合わせ治療、
インプラント治療等幅広く診療
2010年 デュッセルドルフ大学矯正歯科大学院入学
ドイツ臨時歯科医師免許取得(外国人歯科医師のための免許)
2013年 ドイツ歯科医師免許取得 (Approbation)
デュッセルドルフ大学矯正歯科大学院卒業
2014年 ドイツ公認矯正歯科専門医資格取得
ドイチェ歯科・矯正歯科開院
2015年 ドイツ歯学博士号(Dr.med.dent.)取得
資格

ドイツ歯学博士(Dr.med.dent.)
日本・ドイツ歯科医師免許
ドイツ公認矯正歯科専門医
ドイツ放射線防護認定歯科医師
国際顎頭蓋機能学会・国際認定医

認定

WIN‐SYSTEM認定医(ドイツの最新裏側矯正歯科システム)
インコグニト認定医(ドイツの裏側矯正歯科システム)
Orthocap 認定医(ドイツのマウスピース矯正システム)
Benefit-System 認定(ドイツの矯正用ミニインプラントシステム)
インビザライン認定医
BENEfit-System公認インストラクター

所属学会
海外

ドイツ矯正歯科学会
ヨーロッパ矯正歯科学会
ドイツ審美歯科学会
ドイツインプラント学会
国際顎頭蓋機能学会(噛み合わせ)
ドイツ歯科医学会

国内

日本矯正歯科学会
日本舌側矯正歯科学会
国際顎頭蓋機能学会日本部会
日本スポーツ歯科学会

発表
第 85 回ドイツ矯正歯科学会大会(シュツットガルト) 2012

“Untersuchung der vertikalen Veränderungen nach Molarendistalisation mit skelettaler Verankerung”
S.Yamaguchi, M.Nienkemper, B.Wilmes, D.Drescher

„Untersuchung der Effekte der Molarendistalisation mit direkter skelettaler Verankerung im Oberkiefer“
M.Nienkemper, B.Wilmes, S.Yamaguchi, A.Pauls, D.Drescher“

Interuniversitäres Colloquium der Universitätskliniken Nordrhein, Fachbereich Kieferorthopädie, Düsseldorf 11.10.2013
„Interdisziplinäre Dysgnathiebehandlung“
ノルドライン州4大学間(アーヘン、ボン、ケルン、デュッセルドルフ大学)コロキ ュウム発表

第 14 回国際顎頭蓋機能学会国際大会(イタリア・ビゼンツァ) 2007

“Functional stabilization of neuromuscular occlusion accompanied with excessive mandibular deviation”

第 15 回国際顎頭蓋機能学会国際大会(福岡) 2009

“The Improvement of head posture in the prosthodontic treatment based on neuromuscular concept”

9th World implant Orthodontic Conference (Kobe)2017

"Cephalometric changes of maxillary molar distalization using a non-compliance appliance" S.Yamaguchi, M.Nienkemper, B.Wilmes, D.Drescher

論文

博士論文

"Cephalometric changes of maxillary molar distalization using a non-compliance appliance"
Dissertation 2014

The nephroblastoma overexpressed gene (NOV/ccn3) protein associates with Notch1 extracellular domain and inhibits myoblast differentiation via Notch signaling pathway.
Sakamoto K, Yamaguchi S, Ando R, Miyawaki A, Kabasawa Y, Takagi M, Li CL, Perbal B, Katsube K.
J Biol Chem. 2002 Aug 16;277(33)

Nienkemper M, Wilmes B, Pauls A, Yamaguchi S, Ludwig B, Drescher D.
Treatment efficiency of mini-implant borne distalization depending on age and eruption of the second molars. J Orofac Orthop. submitted. 2014

雑誌投稿

KIG-ドイツの矯正歯科指標群の概要.
(矯正臨床ジャーナル 2012 年 2 月号)

TheraMon-可撤式矯正装置の革新的な装着時間記録システム.
(矯正臨床ジャーナル 2013 年 5 月号.)

88th EOS in スペイン 2012.
(臨床家のための矯正 YEAR BOOK 2013.ザ・クインテッセンス.)

第 86 回ドイツ矯正歯科学会学術大会レポート.
(矯正臨床ジャーナル 2013 年 12 月号.)

BENEFIT-SYSTEM による臨床-1.
  着脱可能なアバットメントによる次世代型 矯正アンカーシステム.

(矯正臨床ジャーナル 2014 年 2 月号.)

BENEFIT-SYSTEM による臨床-2.
  Beneslider 装置を応用した上顎大臼歯の遠心 移動.

(矯正臨床ジャーナル 2014 年 5 月号.)

BENEFIT-SYSTEM による臨床-3.
  Hybridhyrax 装置を応用した上顎急速拡大とⅢ級不正咬合の治療.

(矯正臨床ジャーナル 2014 年 7 月号.)

BENEFIT-SYSTEM による臨床-4.
  口蓋アンカレッジを応用した歯の近心移動に よる上顎空隙閉鎖.

(矯正臨床ジャーナル 2014 年 8 月号.)

BENEFIT-SYSTEM による臨床-5.
  矯正用アンカースクリューを応用した埋伏歯の牽引.

(矯正臨床ジャーナル 2015 年 3 月号.)

第88回ドイツ矯正歯科学会学術大会・REPORT
  第二の故郷で触れる最新矯正歯科

(ザ・クインテッセンス 2016年3月号.)