見えにくい表側矯正(セラミックブラケット)

『矯正治療はしたいけれど、歯の表面のギラギラな装置はイヤだ。』

ご安心ください。当院では、見えにくい審美性のある最新のセラミック製のブラケットをおもに使用しています。

従来のプラスチック製の白いブラケットは、強度が弱いため表面が擦り減ったり、吸水するため治療中に変色することがありました。

セラミック製のブラケットは、

・透明感のある乳白色の色合いなので、歯の自然な色により調和しやすく目立ちにくい。
・強度があるので表面が擦り減ったりしにくい。
・吸水することがないため、変色しにくい。

などの特徴があり、より審美的な矯正治療を可能にしました。

噛む力の負担のかかる奥歯では、金属のバンド(歯の周りにつける装置)やブラケットを使用します。また、噛み合わせによっては、前歯でも金属のブラケットを使用することもあります。