大人の矯正治療

大人の矯正治療

大人になっても、いくつになっても矯正はできます。
最近、大人になってから矯正治療をはじめる方が増えています。
一昔前は、矯正治療は子どものときにするものとあきらめていた方が多くいらっしゃいました。

しかし、年齢に関係なく矯正治療を受けることが可能です。さらに、近年の治療の技術や使用する装置の飛躍的な進歩により、従来に比べて日常生活のご負担がより少なく、矯正治療を受けられることができます。

矯正治療は、大人になってもからでも決して遅くありません。

矯正治療できれいな歯並びや美しい口元はもちろんのこと、お口やあごの健康を増進することができます。

あなたの人生がさらに充実します。

あなたの人生がさらに充実します。

歯並びの悩みのために人前で大きく笑えなかったり、口元を隠してしまいがちだったりする方もいらっしゃるかと思います。
矯正治療は、年齢制限はありません。

矯正治療で歯並びが改善し、魅力的な口元や輝く笑顔が手に入ります。
プライベートでも仕事でも、もっと前向きになり、あなたの人生をさらに充実させます。

歯並びや噛み合わせは、年齢とともに変化していきます。

歯並びや噛み合わせは、年齢とともに変化していきます。

「最近、歯の並びや噛み合わせがおかしいな」と感じていられる方も多いと思います。
大人になってからも、年齢とともに歯はゆっくり絶えず動き続けます。
それにともなって、歯並びや噛み合わせも絶えず変化していきます。

また、むし歯や歯周病で歯を失った場合は、歯並びや噛み合わせが大きくズレてくることもあります。

歯周病が進行すると、前歯が出てきたり、歯の間にすき間ができてきたり、噛み合わせが深くなったりすることがあります。

矯正治療で、年齢に関係なく健康的な歯並びや噛み合わせをつくることができます。

むし歯、歯周病や口臭を予防できます。

むし歯、歯周病や口臭を予防できます。

歯ブラシを頑張っているけど、磨きにくい。歯を磨いているつもりだけどむし歯になったり、歯茎が腫れていたりする。これらは、歯並びが悪いことが原因になっていることもあります。

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先がうまく歯に届かず磨き残しができやすくなります。
歯の表面に細菌のかたまりであるプラークが溜まっているとむし歯や歯周病の原因となります。

また、口臭の原因になることがあります。
矯正治療で、歯並びを整えることによりお口の中の清掃がしやすくなり、大切な歯を長持ちさせることができます。

当院では、みなさまの社会生活においてできるだけご負担にならないよう治療中の審美面も考慮し、お口やあごの全体的な管理も行いながら大人の方の矯正治療をさせていただいています。

当院の大人の方の矯正治療は、

  • 歯の表側の見えにくい装置や歯の裏側の見えない装置を使用した審美面を考慮した治療
  • 歯並びや口元の改善はもちろんのこと、健康な噛み合わせやあごの機能を確立する治療
  • 歯周病がある、過去に歯を抜かれて隙間がある、かぶせものがある、噛み合わせやあごに違和感や痛みがあるなどの総合的なアプローチを併用した治療

を特徴としています。

1.歯の表側の見えにくい装置や歯の裏側の見えない装置を使用した審美面を考慮した治療

歯の表側の見えにくい装置や歯の裏側の見えない装置を使用した審美面を考慮した治療

当院では、社会生活において矯正治療ができるだけご負担にならないように、審美的な最新の矯正装置を積極的に使用しています。

歯の表側の見えにくい装置として、世界的に信頼のある矯正歯科器材メーカーであるドイツのフォレスタデント社のセラミック製のブラケット(それぞれの歯の表面に接着する装置)をおもに使用しています。

セラミックがもつ独特な乳白色の色合いは、患者さんが持つ歯の自然な色合いと調和し、優れた審美性を発揮します。

プラスチック製のブラケットのように表面が擦り減ったり、吸水したりすることがほとんどないため、変色することが少ないです。

※ フォレスタデント社のブラケットについて詳細はこちら

歯の裏側の見えない矯正装置(舌側矯正装置)としては、ドイツで開発された「インコグニトIncognito」を導入しています。

インコグニトは、現在世界の60ヶ国で使用され、ヨーロッパで舌側矯正の70%以上のシェアを誇る信頼性の高い矯正治療システムです。

本場ドイツのインコグニトのシェアはNo.1で、ドイツ矯正歯科学会やドイツ舌側矯正歯科学会等で毎年様々な最新の研究報告が行われています。

私の留学先であったドイツのデュッセルドルフ大学矯正歯科でも、このインコグニトを日常の診療で使用しています。

※ インコグニトについて詳細はこちら

2.歯並びや口元の改善だけではない、健康な噛み合わせやあごの機能を確立する治療

歯並びや口元の改善だけではない、健康な噛み合わせやあごの機能を確立する治

矯正治療できれいな歯並びや美しい口元が手に入ります。当院では、歯並びや口元の改善のみならず、健康的な噛み合わせやあごの機能をつくることも目標としています。

食事時にしっかりものが噛むことができ、あごの動きやあごを動かす筋肉の機能も考慮した矯正治療を心がけています。

歯並びや口元が改善できても、ものがよく噛めなかったり、噛み合わせが不安定であったり、あごが疲れやすかったりしてはいけません。

基本的に矯正治療を行う前の診査時には、あごの動きやあごを動かす筋肉の緊張状態などの機能的な診査を行っています。

米国製のK7エヴァリュエーション・システムという最新機器を用いて、目に見えない噛み合わせやあごの機能的な診査を行います。

一般的な矯正診査と併せて行うことにより、歯並びや口元などの審美的な観点からだけではないトータルな診断を行うことができます。

これらの診断に基づき、健康な咬み合わせやあごの機能も確立する矯正治療を目指しています。

※ K7エヴァリュエーション・システムについて

3.歯周病がある、過去に歯を抜かれて隙間がある、かぶせものがある、咬み合わせやあごに違和感や痛みがある場合などの総合的なアプローチを併用した矯正治療

歯周病がある、過去に歯を抜かれて隙間がある

大人の方の場合、矯正治療だけでは対応できないケースが多くあります。
当院では、一般歯科治療を併用した総合的なアプローチによる矯正治療も可能です。

歯周病がある方は、矯正治療をはじめる前に歯周病の治療を行い、矯正治療中は歯周病の管理を行っていく必要があります。

矯正治療中に、万が一むし歯になったとしても当院でむし歯の治療が行えますので安心です。

歯が無くなって隙間がある場合やかぶせものがある場合には、矯正治療後に一般歯科治療が必要なことも多くあり、矯正治療中は十分に考慮する必要があります。

また、噛み合わせやあごに違和感や痛みがある場合には矯正治療前に治療を行い、症状が改善してから矯正治療をはじめますが、矯正治療中も定期的な診査や管理が必要です。

当院では、お口やあごの健康管理も行いながら、必要であれば一般歯科治療を併用した治療を行い、矯正治療をスムーズにすすめていきます。

ドイチェ歯科・矯正歯科一般歯科サイトはこちら